通商株式会社HOME  »  事業案内  »  「情報商社」の頭脳

 「情報商社」の頭脳

様々な情報を分析 ユーザーメリットを追及し、
明日を見据えた経営戦略を推進しています。

豊富な情報力を活かし、提案型営業を推進

市場状況や商品情報、顧客ニーズ等幅広く情報を収集。時代性と照らし合わせながら 的確な分析を施し、各ユーザーの要望にマッチした提案を行っています。 また、業界や市場など対外的な情報は勿論の事、経営戦略の一環として、 自社の情報を管理。 各営業部や支店へフィードバックする事で、より効果的な経営を実現しています。こうした情報管理の一元化により、きめ細やかな密度の濃いサービスを迅速かつ確実に提供する事が出来るのです。

 

直需販売方式 直需販売方式のフロー画像

商社として常に商品力の充実に力を注いでいます。 現在では住宅機器をはじめ、床材、壁材、合板など約2万種類にも及ぶ 商品を扱っており、仕入先は700社以上にのぼります。 多品種少ロットに対応すべく、常時商品は多系統・多品種にわたり管理し、またメーカーとユーザーと密なるコミュニケーションを図ることで 多角的に情報をキャッチ、「今、何が売れているか」「何が求められているか」を分析したうえで効率的な仕入れを行っています。

もちろん、各支店では、仕入れた商品の価格や数量の妥当性を徹底検討し、高品質な商品を適正価格でスピーディーにお届けする体制を整えています。

 

多品種少ロット化に対応する仕入管理体制

住宅機器をはじめ、床材、壁材、合板など約2万種類に及ぶ商品を扱っており、仕入先は700社以上にのぼります。商品は、多系統・多品種にわたり管理し、情報を多角的に把握。様々な分析の上、効率的な仕入れをおこなっています。また仕入れた商品の価格や数量の妥当性を徹底検討、高品質な商品を適正価格でスピーディーにお届けする体制を整えています。